ホーム » 体験談 » みささん(29歳)

卵管造影検査後、2ヶ月目で妊娠できました

受診した不妊検査の名前

卵管造影検査

 

受診してみた感想

結婚後、一度流産の経験があり、その後1年経っても授かれなかったので不妊クリニックに通い始めました。一般的な検査では妊娠に関する問題はないということだったのでタイミング法をすることになりました。そのうち一応受けておいた方がよい検査として「卵管造影検査」を勧められました。

この検査については事前にネットで調べてあり、相当痛い検査で失神した人などのエピソードを読んでしまったがためにとても恐怖でしたが、子宮や卵巣に異常がなくても、そもそも精子の通り道である卵管がつまっていると自然妊娠はできないので必要な検査です。

ついに、きたか!と思いながら予約を取り、当日を迎えました。私の通っていたクリニックは卵管造影検査もその医院でできるところでした。

検査はまず内診室でチューブを入れます。少し痛い場合もあるということでしたが私の場合は全く痛くありませんでした。そしてレントゲン室に移動し、横になり造影剤を入れて液の通りを見ます。液体が入るときに激痛がするといった話を耳にしかなり構えていましたが、なんとなく子宮のあたりに違和感があるような感じがするだけで、 拍子抜けするほど傷みは感じませんでした。

結果はその場ですぐわかり、右より左の方が少しだけ通りが悪いけれど全く問題ない程度ということでした。とにかくきっと今までにないほどの激痛を経験することになると手に汗を握っていましたが、あっという間にあっさり終わりました。

さらに卵管造影検査の後は造影剤で通りが良くなるからか、妊娠しやすいゴールデンタイムとも言われているようです。私は噂の激痛を伴う検査を乗り越えたわけではなかったので、そこまで期待していたわけではありませんでしたが、検査後2ヶ月経った時に自然妊娠できました。

恐怖の検査とも言われていますが、私のように痛くないケースもあり、また傷み止めや座薬などを使用してくれる医院もあるようなので、事前に相談して安心して検査を受けてみてほしいと思います。