ホーム » 体験談 » えりかの旦那さん(35歳)

不妊治療を始めたらまず精子検査を受けることをおすすめします

受診した不妊検査の名前

精子検査

 

受診してみた感想

結婚後、1度の流産経験があり、その後1年経っても妊娠できなかったので不妊クリニックに通い始めました。クリニックではまず血液検査や婦人科検査で妊娠に支障のある病気はないか調べ、特に異常がみつからなければとりあえずタイミング法で様子を見ることになるのが一般的です。

タイミング法は一般的に半年くらいは続けその後人工授精等に進むことになると、精子検査が必要になります。しかしこの精子検査は、本当は不妊治療を始めた時点で男性も一緒に受けることが一番望ましいと思います。

私の通っていたクリニックでは最初に受けることのできる検査を教えてもらい、タイミング法を続けながら徐々に検査を進める方法でしたが精子検査は希望して1番にやってもらいました。流産経験があったので精子検査は受けても受けなくてもどちらでも良いといわれたのですが、一緒に治療に向き合うためにも夫にはぜひ協力してほしいと思いました。

検査方法は、朝採取したものを病院に持っていけばよく、結果も私が代わりに説明を受けたので夫が受診する必要はありませんでした。精子数や濃度、運動率など問題なしで夫もホッとしたようで、その後タイミング法を続けながら無事に妊娠できました。一方、私の友人の話ですが、タイミング法を1年試した後、精子検査で異常が見つかり体外受精が必要だったケースもあります。1年を無駄にしてしまった…、とよく話をしていました。

このようなケースもあるので高度医療に進む必要のある時ではなくて、不妊治療を始めたときに同時に精子検査を受けることをおすすめしたいです。